Business

ブログのアイキャッチ画像デザインテンプレート例

2019年9月2日

ブログのアイキャッチ画像デザインテンプレート例
ブログのアイキャッチ画像のデザインをいちいち考えるのって大変だなぁ……

ブロガーは文章のみならず、デザインセンスを求められるのが難しいところ

とはいえ、ブログのメインコンテンツはあくまで文章であり、アイキャッチ画像はSNSなどで記事をクリックしてもらいやすくするためのものです

限られたシチュエーションでしか効果を発揮しない画像に対してあまり時間はかけたくありませんよね

そこで今回はできる限りスピーディにアイキャッチ画像を作成するために、いくつかのデザインをテンプレート化してみようと思います

フリー画像のオススメサイト

【日本語対応】ブログで使えるおすすめフリー画像素材サイト6選

アイキャッチ画像のオススメ編集ソフト

【画像編集】Keynoteでアイキャッチ画像を簡単に作る方法

文字を挿入しないパターン

当たり前ですが、これが一番ラクなのはいうまでもありません

最近であればおしゃれなフリー画像も多いので、文字をいれずにアイキャッチ画像に設定しても十分読者の目を引くことができるかと思います

とはいえ、無料のフリー画像であれば、やはり他のブログとアイキャッチが被りやすいという点は避けられません

他ブログと被りたくないのであれば、有料のアイキャッチ画像を利用するなどを検討してみてください

SNSで見るとこんな感じ

画像の余白に文字を挿入するパターン

個人的にこのスタイルが一番好きです

目に留まりやすいという印象がありますし、おしゃれなデザインにしやすいのでオススメです

とはいえ、文字を入れるための余白があるデザインの画像でなければいけないという弱点があります

無料のフリー画像は余白が少ないものが多く、使用できる画像が限られてきてしまいます

このデザインに統一したという場合は有料のフリー画像サイトに登録しておくのがオススメします

また、無料フリー画像のような余白の少ない画像でも、文字にドロップシャドウなどをつけることによって、文字を見やすくするという手もあります

SNSで見るとこんな感じ

記事一覧の印象はこんな感じ

帯を使用して文字を挿入するパターン

ブロガーが最も多く使用しているという印象のあるデザインです

テンプレ化してしまえば、フリー画像と文字を入れ替えるだけで良いのでとっても楽

余白を使ったデザインと比較すると、背景画像にとらわれずに文字を入れることができるので、統一感を出したいという場合やあまりアイキャッチ画像に力を入れたくないという人はこちらのデザインから始めて見るのがいいかもしれません

文字を入れるための帯は透過させるもよし、無透過にするも良しですが、個人的には50%くらいの透過とするのがおしゃれに見えるかなと思います

SNSで見るとこんな感じ

記事一覧の印象はこんな感じ

写真を使用しないパターン

これは少し特殊ではありますが、某有名プロブロガーも多用しているアイキャッチ画像デザインです

背景が写真ではない分、文字に注目させることができるため、アイキャッチ画像としての役割は果たすことができるかと思いますが、記事によって他のデザインと併用するのが無難です

すべてがこのデザインだと、記事の差別化がしづらくなってしまう可能性が高いので、「たまにこのデザインを取り入れてみる」くらいの使用頻度にするのがオススメです

SNSで見るとこんな感じ

さいごに

アイキャッチ画像はスピーディに作成して、あまりこだわり過ぎないようにすることをオススメします

他のサイトのアイキャッチ画像などを参考にして、様々なデザインを作成しつつ、画像編集スピードを上げていきましょう

  • この記事を書いた人

アオ

イキカタシフトでは節約して必要最小限のモノで楽しく生活しつつ、在宅の副業でコツコツ稼ぐことを目標に情報発信しています。

人気記事一覧

1

布団やマットレスを床に敷いて寝て、朝起きたら布団の裏が濡れていたなんて経験ありませんか?しっかりと対策をしないと、カビが生えたり雑菌が繁殖して、寝ている間に病気になってしまうなんて可能性もありますよ。

2

電動のコーヒーメーカーって便利だけど、場所を取るし、お手入れが面倒で不衛生だと思いませんか?コンパクトなフレンチプレスなら衛生的で美味しいコーヒーを淹れられますよ。

3

なかなか断捨離が進まないと悩んでいませんか?それは正しい手順が踏めていないことが原因かもしれません。断捨離にはうまく進めるための正しい手順とコツがあります。この記事では断捨離を成功させるテクニックをご紹介します。

4

断捨離に代用品は必須です。物を減らしたいなら、コンパクトでスタイリッシュなおしゃれアイテムを揃えていきましょう。

5

ブログで稼ぐためには具体的になにをやればいいのかについて、ブログ歴5年の僕がまとめてみました。

-Business