OUTPUT STYLE BLOG

WordPressで複数記事を一括で別ブログに移動する効率的な方法

この記事をこっちのブログに移動させたいなぁ……

記事を他のブログ移動させる方法として真っ先に思いつくのが、記事の内容をまるまるコピーして新規投稿をするという方法です

しかしこれでは、手間がかかるだけではなく、コピーコンテンツと見なされて検索ページに表示されなくなってしまうなどのリスクがあります

そこで今回は安全に検索流入を下げることなくWordPressブログから他のWordPressブログへ記事を移動させる方法をご紹介します

①移動元の記事データをエクスポートする

まずは移動させたい記事がある方のブログから記事データを抜き出しましょう

ワードプレスメニュー内の「ツール」>「エクスポート」をクリックします

エクスポートページで「投稿」をクリックして、「エクスポートファイルをダウンロード」をクリックしましょう

すると.xlmという拡張子のファイルがダウンロードされます

これを移動先のブログにインポートすることでひとつひとつ記事をコピーしなくても記事をまるまる一括で移動させることができます

②移動元のメディアをエクスポートする

記事をまるまるコピーしても画像の参照先は変わらないので、元のブログから画像をひっぱってきているような状態になります

同じサーバー上のブログであれば画像自体は表示されますが、参照元が違うという状態

移動元のブログを今後使いたくないという場合は画像ファイルを移動先のブログのものに差し替えていく必要があります

 

画像を一括で抜き出すのは「Export Media Library」というプラグインを利用すると簡単です

ワードプレスメニューの「プラグイン」>「新規追加」から「Export Media Library」と検索しましょう

インストールと有効化が完了したら、ワードプレスメニューの「メディア」にカーソルを合わせてみましょう

すると「Export」という欄が追加されているので、ココをクリックします

「Export Media Library」のページに移動するので、設定はそのままにして「Download Zip」をクリックしましょう

これで移動元ブログ内の画像ファイルがひとつのフォルダにまとまってダウンロードされます

③移動先に記事をインポートする

先ほどダウンロードした.xlmのファイルを使って移動先のブログに移動させます

ワードプレスメニューの「ツール」>「インポート」をクリックしましょう

遷移するインポート画面内「WordPress」欄の「今すぐインストール」をクリックします

プラグインのインストールが自動で開始され、完了すると先ほどのボタンが「インポーターの実行」に変化します

さっそくインポーターの実行を行いましょう

WordPressのインポート画面内「ファイルを選択」をクリックして、先ほどの.xlmファイルを選択します

選択ができたら「ファイルをアップロードしてインポート」をクリックして記事を移動させましょう

おおー、記事が全部移動できてる!!

投稿一覧を確認すると、移動させた記事一覧が表示されているはずなので、ここから移動先のブログにあわせて細かい修正を入れていくと良いかと思います

④移動先にメディアをインポートする

先ほどダウンロードしたZipファイルの画像フォルダをアップロードします

ワードプレスメニュー「メディア」>「新規追加」からメディアのアップロード画面で画像をドラッグアンドドロップして一気にアップロードしましょう

特に特別な方法等は必要ないので、こちらの詳細説明は省略します

⑤統合元の各記事のcanonical設定を行う

変更前のCanonical URLを確認する

かのにかる? ってなに?

canonicalタグとは、公開しているサイトが「www.hogehoge.com」や「hogehoge.com」といった“www”あり・なしのurlからアクセスできてしまう状態の場合、検索エンジンに重複ページと認識されることを避けるためにhead内に記述するタグで、優先させたいurlを記述しておくものです。

引用元:canonicalタグとは - SEOの心得&用語説明|SEO診断ツール itomakihitode.jp

単純に記事を移動させるだけだと、移動先ブログの記事が移動元ブログのコピーコンテンツと見なされてGoogleに評価を下げられてしまう可能性があります

むむ? この記事はあの記事とまったく同じやん。評価下げちゃおうっと
ちょ、ちょっとまってよー! これどっちも僕の記事なのに……!

「この記事の正式な記事はこっち」という宣言をGoogleに正しく行って、SEO対策するために必要なのがCanonical URLの設定というわけです

 

まずは、現時点でのCanonical URLを移動元の記事で確認してみましょう

Google Chromeで記事を表示して右クリック>ページのソースを表示をクリックします

すると各ソースの確認画面に移動するので、ここでキーボードの「control + F」を押して「Canonical」と検索してみましょう

現時点では「https://blog-shift.com/follow-button-css/」がCanonical URLとなっていることがわかります

これを「https://ikikata-shift.com/follow-button-css/」に変更することを例として以下解説していきます

各記事のカスタム Canonical URLを個別に設定する

プラグイン「All in One SEO」をインストールし、「一般設定」>「Canonical URL」にチェックを入れて「設定を更新」をクリック

この設定を行うことで、各記事のCanonical URLを個別に設定することができるようになります

設定ができたら記事の編集ページ下部にある「カスタムCanonical URL」欄に移動先のURLを入力していきましょう

これは1記事ずつやっていく必要があるので、根気のいる作業となりますが、地道に設定を行っていってください

変更後のCanonical URLを確認する

設定が完了したら、実際に反映されているかどうかを確認しておきましょう

設定が完了していたら、先ほど入力したURLがCanonical URLに設定されているはずです

注意ポイント

もし仮に変わっていないという場合は、ワードプレステーマなどの設定が反映されてしまっている可能性があるので、以下をfunction.phpに追記して既存のCanonical URL設定を削除してみてください

これでGoogleにコピーコンテンツだと認識されなくなったので、SEO対策もばっちりです

⑥移動元の各記事のリダイレクト設定を行う

Canonical URLを設定したとはいえ、移動元の記事はNOINDEXしたわけではないので、検索ページ上には存在している状態になっています

これでは検索流入が分散してしまうので、移動元の記事にアクセスすると移動先の記事に自動で移動させるリダイレクト設定を行います

この設定は「Simple 301 Redirects」というプラグインを利用すると簡単に行うことができます

「プラグイン」>「新規追加」から「Simple 301 Redirects」と検索しましょう

「Simple 301 Redirects」をインストールして有効化したら、ワードプレスメニューの「設定」>「Simple 301 Redirects」を選択します

リダイレクト設定画面に移動するので「Request」欄が移動元のURLで「Destination」欄が移動先のURLを入力していきましょう

注意ポイント

「Request」欄のURLは「https://(ドメイン名)/○○/」の「/○○/」のスラッグ部分であることに注意しましょう

ポイント

  1. 先ほど設定した各記事のCanonical URLを「Destination」欄にコピー
  2. 「Destination」欄の「/○○/」のスラッグ部分を「Request」欄にコピー

という手順で入力していくと効率的に作業を進めることができます

Macであればコチラの記事で紹介しているClipyなどのアプリを使ってコピペのスピードを上げると早めに作業を終えることができるでしょう

これで移動元の記事にアクセスすると移動先の記事に飛ぶようになります

設定が終わったら、実際に自分で移動元の記事にアクセスを試みてテストしてみることをオススメします

さいごに

移動元のブログを消してしまいたいという場合もあるかとは思いますが、検索流入がきちんと移動するまでの間は残しておくことをオススメします

データベースごと削除してしまうとプラグインによる301リダイレクトもうまくいかなくなってしまいますし、カノニカル設定も無効になります

移動元の削除やNOINDEXは記事移動が終わってからしばらく我慢しておくのが無難ですよ

ブログランキングに参加中!

あなたのワンクリックがブログ運営の励みになります
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

-OUTPUT STYLE, BLOG

Copyright© イキカタシフト , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.