Affiliate

スパム対策したお問い合わせフォームをワードプレスで設置する方法3選

2019年9月5日

お問い合わせフォームに英語だらけのあやしいメッセージが送られてきたことはありませんか?

これはスパムメールと呼ばれる迷惑メールの一種です。

 

せっかく読者や企業からのお問い合わせがあったとしても、スパムメールに埋もれてしまって気づけないなんてことになったら大変ですよね。

お問い合わせフォームにスパムが届かないように対策する方法がいくつかあるので、対策しておきましょう。

 

今回はお問合せフォームにスパム対策を施す方法を3つ紹介したいと思います。

スパム対策したお問い合わせフォームをワードプレスで設置する方法3選

承諾確認のチェックボックスを設置する

もっとも手軽なのがこちらの承諾確認のチェックボックスにチェックを入れなければ送信ボタンを押せなくするという方法。

 

これはContact Form 7にもともと備わっている機能なので、面倒なサービスへの登録などを行わなくてもすぐに設置することができます。

ワードプレスメニューの「お問い合わせ」>「コンタクトフォーム」から自分が作成したお問い合わせフォームを選択します。

 

フォーム編集画面にて、「承諾確認」と書かれたボタンをクリックしてみましょう。

「承諾確認」と書かれたボタンをクリック

すると以下のような画面になるので、「チェックボックスを任意選択にする」のチェックを外します。

これでチェックボックスを選択しなければいけない状態になるので、そのまま「タグを挿入」を選択しましょう。

「タグを挿入」を選択

[acceptance acceptance-○○]  [/acceptance]

上記のようなコードが挿入されればチェックボックスの設置は完了です。

「[acceptance acceptance-○○]サイトの規約に同意してメッセージを送信します[/acceptance]」のようにタグの間に文字を入力することで、以下のように表示することができます。

「サイトの規約に同意してメッセージを送信します」表示

これでチェックボックスにチェックを入れていない状態では送信ボタンが反応しなくなるので、スパムシステムがスパムメールを送信できなくなるというわけです。

Akismetでスパム対策する

Akismet 関連のオプションが3種類用意されています:

akismet:author
送信者の名前を入力する項目にこのオプションを設定します。

例: [text* your-name akismet:author]

akismet:author_email
送信者のメールアドレスを入力する項目にこのオプションを設定します。

例: [email* your-email akismet:author_email]

akismet:author_url
送信者のウェブサイトの URL を入力する項目にこのオプションを設定します。

例: [text your-url akismet:author_url]

引用元:Akismet によるスパムフィルタリング

ワードプレスインスール時にはデフォルトで入っているアンチスパム対策用のプラグイン「Akismet」。

Akismetの登録が完了している場合、各入力ボックスにオプションとして設定されているコードを追記することで、スパム対策を行うことができます。

上記のようにコードを追加するだけです。

 

特に見た目上変わることもなければ、入力者の手間が増えるわけでもないので、チェックボックスのチェックなどのひと手間も加えたくないという場合には、チェックボックスの設置よりもこちらがオススメです。

reCAPTCHAを導入する

最後に紹介するのがGoogleの提供するスパム対策ツールである「reCAPTCHA」を使用する方法です。

まずはワードプレスメニューの「お問い合わせ」>「インテグレーション」をクリックしてみましょう。

「インテグレーション」をクリック

他のサービスとのインテグレーション画面にて、reCAPTCHAの「インテグレーションをセットアップ」を選択します。

「インテグレーションをセットアップ」を選択します

次にサイトキーとシークレットキーが求められるので、右上のリンクからキーを取得しにいきましょう。

キーを取得

reCAPTCHAのサイトに遷移したら「Admin console」と書かれたボタンをクリックします。

「Admin console」と書かれたボタンをクリック

次にサイト情報が求められるので、手順に従って情報を入力していきます。

手順に従って情報を入力

入力が終わったら「reCAPTCHA利用条件に同意する」にチェックを入れて「送信」ボタンをクリックしましょう。

「送信」ボタンをクリック

すると先ほど求められたキーが表示されます。

キー表示

他のサービスとのインテグレーション画面にこのシークレットキーとサイトキーをコピーしてペーストしましょう。

サイトキーをコピー&ペースト

これで設定完了です。

設定完了

reCAPTCHAは有効化するだけで機能するので、特別お問い合わせフォームになにかを設置したりする必要はありません。

注意ポイント

reCAPTCHAのデメリット

上記のようにページ上部に戻るボタンとreCAPTCHAの表示が重なって表示されたり、通常のメッセージでも弾かれてしまったりする場合があります。

お問い合わせフォームにはしっかりとスパム対策をしよう

スパム対策を行って、依頼などのお問い合わせをしっかり受け取れる準備を整えておきましょう。

今回紹介したものはどれも簡単にできるものばかりなので、自分にあった対策方法をぜひ取り入れてみてください。

人気記事一覧

1

ブログで稼ぐためには具体的になにをやればいいのかについて、ブログ歴5年の僕がまとめてみました。

2

20以上のASPを実際に利用した経験のあるブログ歴5年の僕が厳選した初心者におすすめなアフィリエイトASPを紹介します。

3

WordPressでブログを始めるなら信頼度・速度・安定性を兼ね備えた高性能なレンタルサーバーを選びましょう。この記事では厳選した本当にオススメできる3つのレンタルサーバーのみを紹介します。

4

クレジットカードは利用額に応じて、ポイントや現金などで還元が行われるものがほとんどです。 カードによって商品券で還元する ...

5

布団やマットレスを床に敷いて寝て、朝起きたら布団の裏が濡れていたなんて経験ありませんか?しっかりと対策をしないと、カビが生えたり雑菌が繁殖して、寝ている間に病気になってしまうなんて可能性もありますよ。

-Affiliate

© 2020 イキカタシフト Powered by AFFINGER5