LifeHack

Macで複数画像をPNGからJPEGへ一括でファイル変換する方法

2019年8月25日

大量のPNGファイルを一括でJPEGに変換したいことがあっても、有料ソフトを使う気にはなれないもの。

PNGファイルは透過できて便利ですが、容量が重たい傾向があります。

データ送信を行うのであればJPEGファイルにしたいという機会は多いでしょう。

 

有料ソフトを使わなくても、Macユーザーなら無料で簡単にファイル形式の一括変換をすることができます。やり方は2パターン。

詳細を以下で解説していきます。

デフォルトアプリ『プレビュー』を利用する

プレビューの環境設定ですべてのファイルを1つのウインドウで開くにチェック

Macにデフォルトで入っている『プレビュー』を開いて、メニューバーのプレビュー>環境設定から「すべてのファイルを1つのウインドウで開く」を選択しましょう。

デフォルトだと、複数の画像ファイルを選択して開くと、それぞれが別々のウインドウで開かれてしまいますが、この設定をすることで1つのウインドウの中で各画像を選択できるようになります。

複数の変換したい画像をプレビューで開く

複数の画像ファイルを選択したら、右クリック>このアプリケーションで開く>プレビューを選択して、複数ファイルが1つのウインドウに表示されることを確認してください。

画像をすべて選択して書き出す

command + Aなどですべてのファイルを選択し、メニューバーのファイル>選択中のイメージを書き出すを選択しましょう。

オプションからJPEGを選択して一括変換する

ウインドウ左下の「オプション」をクリックすることで、フォーマットの選択が行えるようになります。

ここでプルダウンから「JPEG」を選択して「選択」をクリックしてください。

これで同一フォルダ内にJPEGファイルの画像を複製することができます。

フォルダアクションを利用する

任意のフォルダを右クリックで『フォルダアクション設定』を選択する

適当なフォルダを作成し、右クリック>フォルダアクション設定を選択しましょう。

『Image – Duplicate as JPEG.scpt』を関連付ける

表示される関連付けるスクリプトを選択:という画面で『Image – Duplicate as JPEG.scpt』を選択して「関連付ける」をクリックしてください。

スクリプトが関連付いたら、フォルダアクション設定の「フォルダアクションを使用」にチェックを入れましょう。

変換したいPNGファイルをフォルダにドラックアンドドロップする

先ほど作成したフォルダに変換したいPNGファイルをドラックアンドドロップしてください(コピーアンドペーストでも可)。

すると、フォルダ内に「JPEG Images」「Original Images」というフォルダが自動的に作成されます。

「Original Images」には変換前の画像、「JPEG Images」には変換後の画像が入っていることを確認してください。

この方法で、複数の画像ファイルをフォルダにドラックアンドドロップするだけで簡単に画像を変換することができます。

ファイルを一括変換して作業効率化を図ろう

画像ファイルを変換するサービスやアプリなどもありますが、Macであればデフォルトの機能で簡単に変換ができます。

どんどん作業を効率化して、作業スピードを上げていきましょう。

人気記事一覧

1

ブログで稼ぐためには具体的になにをやればいいのかについて、ブログ歴5年の僕がまとめてみました。

2

20以上のASPを実際に利用した経験のあるブログ歴5年の僕が厳選した初心者におすすめなアフィリエイトASPを紹介します。

3

WordPressでブログを始めるなら信頼度・速度・安定性を兼ね備えた高性能なレンタルサーバーを選びましょう。この記事では厳選した本当にオススメできる3つのレンタルサーバーのみを紹介します。

4

クレジットカードは利用額に応じて、ポイントや現金などで還元が行われるものがほとんどです。 カードによって商品券で還元する ...

5

布団やマットレスを床に敷いて寝て、朝起きたら布団の裏が濡れていたなんて経験ありませんか?しっかりと対策をしないと、カビが生えたり雑菌が繁殖して、寝ている間に病気になってしまうなんて可能性もありますよ。

-LifeHack

© 2020 イキカタシフト Powered by AFFINGER5