ライフスタイル 家事・炊事

土鍋を買うならニトリの『浮雲』がダントツでオススメな3つの理由

2019年10月9日

冬に大活躍する土鍋ですが、最近ではさまざまな種類のものがあってどれを買えば良いのか悩みますよね。

大人数でやるなら、それなりに大きな鍋が必要になりますが、大きいと重くて扱いづらいのでちょっと買うのは気が引けてしまうもの。

そこでオススメしたいのがニトリの『浮雲』という超軽量土鍋です。浮雲なら軽いので高い場所に収納するのもラクラク。

今回は実際に浮雲で一冬越した僕が使用感をレビューしていきます。

超軽量でお手入れが簡単

ニトリ「浮雲」

大きな土鍋はどうしても重くなってしまうものです。

重い土鍋は扱いにくいので、ぶつけたり落としたりしてフタが割れてしまうなんてこともしばしば。

でも『浮雲』は一番大きなサイズの9号でも約1.88kgしかありません。しかも、この重さの中でもフタがめちゃくちゃ軽いのが嬉しいところ。

【商品の特徴】
一般的な土鍋は7~10mmの厚みとなっていますが、この超軽量土鍋は厚みを4~5.5mmと薄く作ることで、軽量化を実現しました。従来のものよりも約20%軽量化しているので、軽くて運びやすいです。

参考:ニトリネット

持った瞬間に「かるっ!?」と驚いてしまうくらいに軽いです(実際持ってみた友人も驚いていました)。

軽いので、使用後に洗うときもとても洗いやすくて助かります。あまり力のない老人や女性にもオススメできる商品です。

おしゃれで万能なデザイン

おしゃれで万能デザイン

白と黒のツートンカラーで現代風なデザインなので、和のデザインの食器がない場合でも違和感なく溶け込みます。

2018年のグッドデザイン賞も受賞しているので、デザインに迷っているなら『浮雲』を選べば間違いないでしょう。

無地なデザインはシンプルでカッコいいですよね。

土鍋は和風な模様が入っているものが多いので、シンプルな食器で統一している方にはオススメですよ。

火が通りやすくて省エネ

実際に使ってみましたが、弱火でもグツグツ沸騰してくれるので、ガスの消費が少なくて済みます。

厚みを薄くしていることで、軽量だけではなく火の通りやすさも実現しているというわけです。

 

大人数で話しながら鍋を食べていると、長時間温め続けているなんてことは結構ありますが、超弱火でも問題なく温まります。

鍋でガスを節約できるのは嬉しいですよね。

早く鍋が食べたーい!

というせっかちさんにもオススメです。

IH対応について

ガス火は通りやすいですが、IHには非対応なので注意しましょう。

超軽量土鍋『浮雲』で鍋を楽しもう

寒い日は鍋。大きめの土鍋が家にひとつあると、冬が楽しくなりますよ。

友人を呼んで鍋パをしたり、家族でまったり鍋を楽しむなんてのもいいんじゃないでしょうか。

もちろん、一人鍋も最高ですよ(僕も結構やります)。

土鍋が古くなってきた、そもそも土鍋を持っていないという方にはぜひ『浮雲』を手に取ってみてください。

-ライフスタイル, 家事・炊事

Copyright© イキカタシフト , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.