湿気対策

布団の下が濡れる原因とカビが生える前にやるべき湿気対策まとめ

投稿日:2019年5月28日 更新日:

布団を床に敷いて寝て、朝起きたら布団の裏が濡れていたなんて経験ありませんか?

この原因は汗と結露

人間は寝ている間にコップ1杯分の汗をかくと言われています。あわせて冷たい床と温まった布団の間に温度差が生まれることで結露が発生して結果的に床と布団が濡れてしまうというわけです

これを放って置くと床も布団もカビだらけに……

寝具のカビは睡眠中に吸い込んでしまうとアレルギー反応を引き起こしたり、肺炎になってしまうなんてこともありえるものです

そこで、今回は床に布団を敷いていても清潔に床と布団を保つための方法についてご紹介します

布団を床に敷くときは除湿マットを利用する

冬になると床は冷たくなるものです

床は冷たいけど布団は温かいから結露する

それを防ぐためには結露した水分を吸水してくれるマットを布団の下に敷くのが効果的

シートを敷くだけでいいなら簡単だね!

僕も実際に除湿マットを利用していますが、シートを敷くだけで布団が湿らなくなりました

3つ折りにして布団と一緒に収納しておけば、収納場所の除湿にもなるのでおすすめです

除湿シートは乾かすことで何度でも利用できるので一度買ってしまえば費用は大してかかりません

 

とはいえ、せっかく買っても全然乾かなくて湿ったままになってしまったり、お手入れがしづらいマットを購入するのは避けたいところ

僕は『西川リビング からっと寝』を実際に利用していますが、リーズナブルな価格でお手入れがしやすく、乾燥させる目安となるセンサーもついているのでオススメです

しかも、湿気だけではなく汗の臭いも消臭してくれるので、睡眠が快適になること間違いなしですよ

布団は定期的に布団乾燥機で乾燥させる

適度に暖かくて湿気の多い布団はダニにとっては快適な場所といえます

なので、布団はお手入れせずに使い続けていると、ダニがどんどん繁殖していきます

でも布団を自宅で洗濯するのは難しいし、クリーニングに出すとなると結構な費用がかかります

布団をベランダに干して布団たたきで叩いてダニを落としている人が多いかと思いますが、それも手間がかかる

 

ダニは60℃以上の温度で死滅すると言われています

布団乾燥機を使えば布団に熱風を送ることで布団全体の温度を上げ、布団を乾燥させつつダニ対策ができます

アイリスオーヤマの布団乾燥機『カラリエ』なら、コンパクトでかさばらずマットなしで布団乾燥ができるのでオススメです

特に寒い冬なら、布団乾燥機で布団を温めながら布団に潜るなんてこともできるので便利ですよ

ちなみに僕は冬場なら毎日のようにカラリエで布団をあたためてから寝ています

 

また、カラリエを使えば上で紹介した『からっと寝』の乾燥も簡単にできるので、除湿効果はバツグンです

布団を収納する押し入れを除湿する

どんなに布団を敷いているときに除湿しても、収納しているときに湿ってしまっては元も子もありません

布団を収納する押入れの除湿も忘れないようにしましょう

水がたまるタイプの除湿剤を押入れに使っているという人も多いかとは思いますが、使い捨てで水を捨てる手間もあるため、繰り返し使えるタイプの除湿シートがオススメです

繰り返し使えるタイプでも、どのタイミングで乾燥させれば良いのかわからないものを利用するのは避けましょう

できる限りセンサーが着いているかつ切って使用できるものを選ぶのがいいでしょう

まとめ

  • 除湿マット
  • 布団乾燥機
  • 除湿シート

上記で紹介したアイテムを使って布団の湿気を取り除くことで、布団も長持ちするしふかふかの状態が維持されて寝心地も良くなります

湿気の多い夏も床が冷える冬も布団をしっかりと除湿して、快適な睡眠を手に入れましょう

-湿気対策

Copyright© イキカタシフト , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.