Affiliate

ブログドメインのおすすめな決め方とドメイン取得サービスの選び方【初心者でも安心!】

2019年8月25日

WordPressでブログを作るなら必須になるのが独自ドメイン。

決めないとブログを作れないのに、このドメイン名で結構悩んでしまったりしますよね。

結局、どんなドメイン名にすればいいの?

ぶっちゃけ「なんでも良い」というのが本音なのですが、この記事を読みに来ている人は「失敗したくない」という気持ちが強いはず。

なので、失敗したくないのであれば以下のように決めることをオススメします。

では、より具体的にドメインを決める際のポイントや注意点について、解説していきます。

独自ドメインのしくみと影響力

そもそもドメインってなに?

ドメインとは、「https://ikikata-shift.com」というURL内の「ikikata-shift.com」部分のことです。

WEB上で他の人が自分のブログを閲覧するためには、WEB上の住所となるドメインがなければいけません。

 

なお、ドメインは以下のようにパーツ分けされています。

ドメインの構造解説

僕たち個人ブロガーが利用するのは、トップレベルドメイン(通称TLD)とサードレベルドメインが組み合わさったものです。

 

なので、独自ドメインを取得するときは、サードレベルドメインの名前をどうするかを決める&TLDを選ぶ必要があります。

 

ドメインってサイトの評価に関係あるの?

ぶっちゃけSEO的にはドメインによって上位表示しやすくなるなどの効果は一切ありません。

 

ですが、ブログを見に来た人の印象には多少影響を与える可能性はあります。

たとえば、ブログのドメイン名が「harahetteshinisou.com」なのにお金を稼ぐ方法を教えていたりしたら、ちょっと信用できないですよね?

 

そういった面では、ドメイン名はブログのブランディングに影響があると言えるかなと思います。

 

とはいえ、記事を検索して読みに来る人の中でドメイン名をいちいちチェックする人は少数派なので、そこまで重要視するような影響力ではないでしょう。

ブログドメインのおすすめな決め方

ドメインを取得するためのおすすめな流れ

オススメの流れとしては以下です。

  1. レンタルサーバーを契約する
  2. レンタルサーバーと提携しているドメイン取得サービスを利用する
  3. サードレベルドメインを考える
  4. サードレベルドメインをドメイン取得サービスで検索する
  5. 取得できるものがあるか確認する(他の人に取られていないか)
  6. 取得できそうであればトップレベルドメインを考える
  7. ドメイン名にあわせてブログ名を決める

トップレベルドメインから決めても、自分が決めたサードレベルドメインが誰かとかぶっていた場合は取得できません。

なので、まずはサードレベルドメインをドメイン取得サービス内のドメイン検索ボックスで検索しまくってみましょう。

 

そしてできれば、トップレベルドメインの候補の中でひとつでも取られているものがあるサードレベルドメインは利用しないようにするのがオススメです。

 

名前がかぶっているブログなどがあると、ブランディングがしづらくなってしまう可能性があります。

サードレベルドメイン(ドメインのドットより前部分)の考えかた

サードレベルドメイン

ドメイン名のドットより前については、自分で任意の文字列を決めることができます。

考えかたとしては、一般的には以下のような感じです。

  • アフィリエイト重視ならブログ名
  • ブランディング重視なら自分のハンドルネーム
  • リアルビジネスに繋げたいなら自分の本名

悩むのであれば、サードレベルドメインはブログ名にするのが1番オススメです。

当ブログもブログ名が「イキカタシフト」なので、サードレベルドメインは「ikikata-shift」にしました。

 

といっても、ドメイン名をブログ名にするとブログ名を変更したくなったときには都合が悪いというデメリットもあります。

 

逆にハンドルネームにするとハンドルネームを変えづらく、本名にすると後から匿名に変えたくなったときに変えづらいです。

 

今後の運営方針によって変更する危険性をできる限り回避できるドメイン名を選択しましょう。

サードレベルドメインを考える前に

まずブログ名や自分のハンドルネームを変える心配がないようにしっかり考えておきましょう。

トップレベルドメイン(ドメインのドットより後部分)の考えかた

トップレベルドメイン

トップレベルドメインはすでにあるものの中から選択することになります。

なんでいろんな種類のトップレベルドメインが存在してるの?

ドメインの種類に強みや弱みは特にありません。ですが、ドメイン名はブログのイメージにつながってきます。

 

「.com」は商業用、「.net」はネットワーク用、「.biz」はビジネス用などなど。

 

自分のブログの目的とするものに合ったトップレベルドメインを選択しなければならないということはありません。

ですが、ビジネスブログで「.biz」などのドメインを使っていると、しっかりしているブログであるという印象を与えることができます。

 

とはいえ、もし迷ったなら最も一般的なドメインである「.com」のトップレベルドメインを取得することをオススメします。

 

その他でいうと、利用料金がちょっとお高めですが、日本に在住している人しか取得できない「.jp」は信用度が1番高いです。

 

経済的に余裕があるのであれば「.jp」も検討してみてください。

日本語ドメインについて

「.コム」などの日本語ドメインは掲載場所によって文字化けしたりするので、取らないようにしましょう。

また、トップレベルドメインには、数十円で取得できる「.xyz」などドメインがあります(取得サービスによるかもしれません)。

しかし、安いからといって安易に取得してしまうと、実は安いのは取得時だけで更新料金は高いという場合があります。

ドメイン更新料の例

トップレベルドメインを選ぶときは、初期費用だけではなく、更新料金もしっかり確認したうえで取得するように気をつけましょう。

安いからという理由でドメインを選ぶのはやめておいたほうがいいかと思います。

ブログドメイン取得サービスのおすすめな選び方

お名前.comやムームードメインなどのドメイン取得サービスを推奨している記事が多いですが、僕はオススメしません。

ドメイン取得は自分が契約したレンタルサーバーと連携しているサービスを利用することをオススメします。

  • ConoHa WINGならConoHa
  • エックスサーバーならエックスドメイン
  • mixhostならmixhost

理由としては、ドメインの取得はどこで取っても料金に大差がないからです。

あわせて、連携しているサービスで取得すれば、ネームサーバーの設定などの面倒な手順を省略できます。

 

また、レンタルサーバー内で管理できることがほとんどであるため、不必要なアカウントを作らなくて済むという点も理由のひとつ。

 

とはいえ、マニアックなドメインであれば、お名前.comのようなレジストラでなければ取得できないこともあります。

 

ただし、一般的なドメインであれば、レンタルサーバーのサービス内で取得するようにしましょう。

おすすめレンタルサーバーはコチラ
サクッと始める!初心者におすすめなレンタルサーバー3選【アフィリエイト向き】

WordPressでブログを始めるなら信頼度・速度・安定性を兼ね備えた高性能なレンタルサーバーを選びましょう。この記事では厳選した本当にオススメできる3つのレンタルサーバーのみを紹介します。

続きを見る

ドメイン名をしっかり決めてブランディングしよう

欲しいドメインが取られていたら、無理にその名前にこだわらず、一度落ち着いて別の名前を探してみることをオススメします。

できればドメイン名とブログ名は一致させるのが理想的です。

 

ぜひあなたがしっくりくるドメインを探してみてください。

人気記事一覧

1

ブログで稼ぐためには具体的になにをやればいいのかについて、ブログ歴5年の僕がまとめてみました。

2

20以上のASPを実際に利用した経験のあるブログ歴5年の僕が厳選した初心者におすすめなアフィリエイトASPを紹介します。

3

WordPressでブログを始めるなら信頼度・速度・安定性を兼ね備えた高性能なレンタルサーバーを選びましょう。この記事では厳選した本当にオススメできる3つのレンタルサーバーのみを紹介します。

4

クレジットカードは利用額に応じて、ポイントや現金などで還元が行われるものがほとんどです。 カードによって商品券で還元する ...

5

布団やマットレスを床に敷いて寝て、朝起きたら布団の裏が濡れていたなんて経験ありませんか?しっかりと対策をしないと、カビが生えたり雑菌が繁殖して、寝ている間に病気になってしまうなんて可能性もありますよ。

-Affiliate

© 2020 イキカタシフト Powered by AFFINGER5