ORGANIZE

【ミニマリスト】捨てれない人のための上手な断捨離の方法とコツ

投稿日:2019年5月7日 更新日:

モノが多いと自分が本当に時間を使いたいものに時間を使えなくなってしまうことってありませんか?

  • 毎朝服を選ぶのに悩んでしまう
  • 洗濯物を干していたら仕事に行く時間に
  • いざ使いたいと思ったものがなかなかすぐに出てこない
  • 部屋を掃除していたら寝る時間に

そんなときに効果的なのが必要なものを残して普段あまり使わないものを捨てる"断捨離"です

  • 整理するモノのカテゴリーを決める
  • カテゴリーのモノを全て出す
  • 使ってる OR 使っていないで仕分けする
  • 使っているものを減らすために便利アイテムを購入する
  • 目的に一致しないものは全て収納する

自分にとって本当は重要じゃないものを思い切って捨ててしまう

そうすることで自分が本当にやりたかったことに集中できるようになります

そこで、今回は断捨離をするためのコツについて解説していきます

そもそも断捨離をする目的とは

断捨離を極めた人を「ミニマリスト」と呼んだりします

ミニマリストと聞くと「ベッドしかない何もない部屋」を思い浮かべる人も多いかもしれません

そのせいか「ミニマリストになりたい!」という人が何も持たないシンプルな部屋を作ろうして、本当に必要なものまで捨ててしまったという話を聞いたことがあります

ここで注意して欲しいのは、断捨離とは「持たない」ことが目的ではないということ

 

では、断捨離の目的とはなんなのか

それは、自分にとって重要なものを快適に利用できる環境を作るためと考えるのが分かりやすいかと思います

  • 睡眠
  • 料理
  • 筋トレ
  • PC作業
  • おしゃれ

などなど……

目指すべきは何もない部屋ではなく、自分が日々やりたいことをやれる環境です

では、具体的にはどのように環境を作っていけばいいのでしょうか?

断捨離をするための具体的な手順

まずは整理したいモノを一つに絞る

モノが多ければ多いほど、何からやればいいのか分からなくなってしまい、断捨離作業がはかどらなくなります

なのでまずは「どのカテゴリーのモノを断捨離するか?」を考えて、ひとつずつ潰していきましょう

  • 衣類
  • 書類
  • 書籍
  • 食器
  • 家具
  • 家電
  • 料理道具
  • 掃除用具
  • 風呂道具
  • 娯楽用品

部屋の中で一番かさばっているものから着手するのがオススメです

主に家具・家電などから考えて、次に衣類……といった感じ着手していきましょう

とにかく全部を床にぶちまける

断捨離したいカテゴリーが決まったら、まずはそのカテゴリーに該当する所持品をすべて床にぶちまけてください(家具・家電は除く)

これは持論ですが、断捨離は考えるよりもとにかく手を動かすことが大事です

手を動かせば動かすほど断捨離の作業は進みます

 

床にすべてぶちまけることで、「これ片付けないと寝られない……」くらいのレベルに部屋が荒れるかもしれませんが思い切ってやってください。

このぶちまけるという手順が断捨離の第一歩です。

3つのカテゴリーに仕分ける

物を床にぶちまけたら、ゴミ袋を3枚用意しましょう

そしてまずはそれぞれを以下の2つに該当するものに仕分けしてみましょう

  1. 1年以内に使った経験のあるモノ
  2. 1年以内に使った経験のないモノ

次にそれぞれの中で季節物だったり、代用品の知識が今はないというものは「保留」として余った1枚のゴミ袋に分類していきます

断捨離できないモノが多い人の特徴としては、「これはまだ使える」みたいな貧乏根性があるということ

新品同様の使えるものでも"使っていない"のであれば捨てる勇気が必要です

「もったいない」という気持ちがあると断捨離はうまくいきません

「保留」にしたモノの代替え案を検討する

あえて「保留」の袋を用意するのは捨てたあとに

やっぱり捨てなければ良かった

となる確率を少しでも下げるため

保留になるのは"思い出の品"や"価格的に買い換えるのが難しい高価なもの"がメインとなってくることが多いです

 

特に思い出の品をどうしても捨てれないというときは、すべて写真(データ)にしてしまうというのもひとつの手です

紙媒体の写真であればスキャンしてデータ化する

ぬいぐるみやキーホルダーも写真を撮ってから捨てるなどなど

どうしても捨てられない写真があるのであれば、アルバム1つくらいは残しておいてもそこまでかさばらないので、1つのアルバムに収納できるくらいまで厳選してみるのもいいでしょう

とはいえ、必要のないものであれば基本的にはデータ化して捨てるのが理想です

 

高価だけど使っていないものの場合は、売る労力を費やすほど高値で売れるのであれば売る

労力と比較して高値で売れないなら捨てましょう

「売ったら高く売れそう!」「まだ使えるから使う人がいるかも」と思っても、実際に売りに出したり、人に譲るために呼びかけたりするのは面倒なものです

だから結果的に売るよりも捨てるほうが楽なので、簡単に売る方法やもらってくれる人を探す方法がパッと思いつかないなら、さっさと捨ててしまうことをオススメします

1年以内に使っていないものを捨てる

1年以内に使っていないものは容赦なく捨てるのがオススメ

季節物などを含めて1年間使わないということは、今後もし仮に使うとしてもタイミングはかなり限られてくることが予想されます

限られたタイミングでしか使わないものは誰かから借りたり、他の物で代用したりできることがほとんど

どうしても捨てる覚悟ができない場合は、トランクルームなどの収納サービスの活用も視野に入れてみてください

1年以内に使ってるものをグレードアップさせる

これですべて「使ってる」「使ってない」カテゴリーに分けることができたと思います

ここからは、さらに自分の所持品をスタイリッシュにするために深掘りしていきましょう

今現在使っているけど、もう少しかさばらないものに置き換えることができそうなものってありませんか?

今持っているものを捨ててシンプルさ的に上位互換となるアイテムを購入して置き換えるということを考えてみてください

 

今の世の中、認知度の低い便利アイテムはたくさんあります

Amazonや楽天で便利グッズを探してみると、自分の部屋作りが一気に楽になる可能性は高いです

所持品をスタイリッシュにするためには、より便利なアイテムを購入するということも検討してみてください

日を置いて何回も断捨離を試みる

一通りのカテゴリーのモノの断捨離が終わっても、日を置くともっとスタイリッシュにする方法が思い浮かんでくるものです

なので、一回で終わらせるのではなく、何度もやって徐々にモノを減らしていくという方法が効果的

ポイント

ルームクリップなどのサイトでは写真付きで実際にどういったアイテムを使って収納しているかなどのアイデアが紹介されているので、他の人の収納テクニックをどんどん真似して取り入れていくのがオススメです

まとめ

どんなに理屈をこねくり回しても、断捨離には"勇気"が必要不可欠です

  1. 整理するモノのカテゴリーを決める
  2. カテゴリーのモノを全て出す
  3. 使ってる OR 使っていないで仕分けする
  4. 使っているものを減らすために便利アイテムを購入する
  5. 目的に一致しないものは全て収納する
  6. 日を置いてからまた断捨離する

必要のないものとお別れをする勇気を持って、スマートな部屋を手に入れましょう

-ORGANIZE

Copyright© イキカタシフト , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.