Affiliate

これだけ!WordPressのおすすめプラグイン厳選9つ【無駄を省いて高速化】

WordPressを始めてみたけど、プラグインがいっぱいありすぎてどれを入れれば良いのか分からない

ワードプレスのプラグインは優秀なものが多く、プラグインを利用すればたいていのことはできてしまいます。

 

だからこそたくさんのプラグインを入れてしまいがちです。

しかし、プラグインは入れすぎるとブログが重くなるという欠点があります。

 

なので、プラグインはできる限りインストールしていないに越したことはありません。

今回は必要最低限で「これだけ入れておけば大丈夫!」というプラグインを厳選してご紹介します。

WordPressのおすすめプラグイン厳選9つ

WP Multibyte Patch

WP Multibyte Patchは、標準言語が英語であるWordPressを日本語に対応させるプラグインです。

このプラグインを有効化していないと、さまざまな場面で不具合が起こることがあります。

 

たとえば、

  • 投稿抜粋表示の長さが意図したものにならない
  • ブログ内検索でスペースが使えない(文字として認識されてしまう)
  • 日本語が使われているファイル名があるとエラーが発生する場合がある

などなど。

 

詳細は以下です。

WP Multibyte Patch

とにかく日本語でWordPressを使うなら、WP Multibyte Patchは必ず入れておいてください。

 

これはオススメというよりも必須です。

WP Multibyte Patch

Google XML Sitemaps

Google XML Sitemapsは、サイトマップを自動で作成し、クローラーという記事を巡回するGoogleのロボットに記事を認識してもらうためのプラグインです。

 

Googleの推奨する内容に沿ったサイトマップを構築することで、しっかりと自分が記事を書いたことをGoogleに知らせることができます。

 

サイトマップの作成はSEO対策には重要となるので、確実にインストールしておきましょう。

Google XML Sitemaps

SiteGuard WP Plugin

SiteGuard WP PluginはWordPressにインストールするだけで、不正ログインなどの攻撃からブログを守り、セキュリティを向上させることができるセキュリティプラグインです。

 

WordPressでは、デフォルトのままだとログインページのURLが簡単に特定されてしまうため、不正ログインされやすくなってしまいます。

実際にログインページのURLを変更していないで、不正ログインされてしまったという事例もあります。

 

なので、ログインページのURLは確実に変更しておきましょう。

このSiteGuard WP Pluginであれば、日本語対応しており、有効化するだけでログインページの変更ができるのでオススメです。

ログインページを忘れそう?

ログインページのURLはブックマークなどで控えておきましょう。

また、レンタルサーバー上でWAFが導入されている場合、このプラグインで除外ルールを作ることもできます。

SiteGuard WP Plugin

Table of Contents Plus

Table of Contents Plusは、記事の目次を自動で作成するためのプラグインです。

基本的にノウハウ系の記事では目次があるほうが好まれます。

 

エンタメ要素の強い記事が中心となる場合は不要となるとは思いますが、基本的には利用するのがオススメです。

Table of Contents Plus

TinyMCE Advanced

TinyMCE Advancedは、記事執筆を補助してくれる便利なツールを使えるようにするプラグインです。

フォントサイズを変えたり、表を挿入や文字の装飾をワンクリックでできるようになります。

 

専用のエディターを使ってローカルで執筆をする人には不要かと思いますが、僕のように直接ワードプレス上で記事を書く人は絶対に入れておきましょう。

AddQuicktag

AddQuicktagは、事前に登録しておいた文章やコードを呼び出すことができるプラグインです。

 

自分が好きなデザインのボックスやワードプレステーマのショートコードなどを登録しておくことで、いちいちコードを書いたりコピペしたりしなくても呼び出すことができるようになります。

 

AddQuicktagを使うことで記事作成スピードがグンッと上がりますよ。

よく使うコードなどが出てきたら、ぜひ使ってみてください。

WP Fastest Cache

WP Fastest Cacheは、キャッシュをコントロールしてブログの速度を高速化するキャッシュ系プラグインです。

さまざまなキャッシュ系のプラグインがありますが、このWP Fastest Cacheは不具合も少なく、ワードプレステーマや他プラグインとの干渉が少ないのでオススメ。

 

また、CSSファイルの短縮化などもできるので、WP Fastest Cacheを入れているだけでもブログのスピードが速くなります。

 

サイトの高速化は、SEOで有利になるのでキャッシュ系のプラグインはひとつ入れておきましょう。

Contact Form 7

Contact Form 7は、自動返信メール付きのお問い合わせフォームを作成するプラグインです。

必須項目の設定なども簡単にできる他、自動返信メールも設定できるのでGoogleフォームなどを利用するよりオススメです。

 

お問い合わせフォームはASPからの案件紹介など、仕事に繋がる連絡が来るきっかけとなるので、早いうちから導入しておきましょう。

Classic Editor

Classic Editorは、WordPressのエディターを以前までの状態に戻すためのプラグインです。

新しくリリースされたGutenbergというエディターは、まだまだ情報も少なく、使いこなすためにはそれなりの技術が必要となります。

 

まずはClassic Editorで執筆を進め、Gutenbergの情報や改修がある程度整ってきた段階で移行していくのが良いのかなと思います。

Classic Editor

ブログは必要最低限のプラグインで運用しよう

All in One SEOっていうプラグインがどこら中でオススメされてるけど?

All in One SEOは優秀なプラグインですが、高機能なだけあって重たいというデメリットがあります。

 

なので、SEO対策はワードプレステーマ側で行うのがオススメです。

以下の記事でAll in One SEOのインストールが不要なワードプレステーマを紹介しています。

SEO対策済みのテーマ
アフィリエイトブログにおすすめなWordPressテーマ3選【キレイなブログを高速作成】

ブログのカスタマイズに時間をかけすぎていませんか?ブログの主役はあくまで記事です。デザインは優秀な有料テーマを購入して高速で終わらせましょう。

続きを見る

プラグインは極力使わずにブログを運営していきましょう。

人気記事一覧

1

20以上のASPを実際に利用した経験のあるブログ歴5年の僕が厳選した初心者におすすめなアフィリエイトASPを紹介します。

2

WordPressでブログを始めるなら信頼度・速度・安定性を兼ね備えた高性能なレンタルサーバーを選びましょう。この記事では厳選した本当にオススメできる3つのレンタルサーバーのみを紹介します。

3

クレジットカードは利用額に応じて、ポイントや現金などで還元が行われるものがほとんどです。 カードによって商品券で還元する ...

4

布団やマットレスを床に敷いて寝て、朝起きたら布団の裏が濡れていたなんて経験ありませんか?しっかりと対策をしないと、カビが生えたり雑菌が繁殖して、寝ている間に病気になってしまうなんて可能性もありますよ。

-Affiliate

© 2020 イキカタシフト Powered by AFFINGER5