ライフスタイル 趣味・娯楽

無料で聴き放題のオススメ音楽配信アプリ『Spotify』の使い方

2019年2月4日

音楽配信サービスはたくさんありますが、そのほとんどが有料ですよね。無料で聴き放題の夢のようなサービスがあったら最高だと思いませんか?

その夢のようなサービスがまさに『Spotify(スポティファイ)』という音楽配信サービスです。

今回は、僕の愛用している音楽アプリSpotifyの登録方法から基本的な利用方法をご紹介します。

無料で聴き放題の音楽配信アプリ『Spotify』の特徴とプラン設定

無料で聴き放題の音楽配信アプリSpotifyの特徴

Spotifyとは、スウェーデンの企業スポティファイ・テクノロジーによって運営されている音楽ストリーミングサービス。2019年現在、2億3,200万人のユーザーを抱えており、音楽配信サービスとしては世界最大手である。パソコン・スマートフォン・タブレット型端末・ゲーム機などの電子端末に対応している。

引用元:Wikipedia

Spotifyは提携しているアーティストの曲を好きに聞くことができますが、無料版では一部制限があります(個人的にはあまり気にならないレベルのもの)。

また、基本的にスマホアプリがメインですが、PC版のアプリもあり、どちらとも1つのアカウントを作ることで利用可能。

無料でここまで多くの楽曲をフルで聴けるサービスは今のところ他にはありません。

音楽配信アプリSpotifyの無料版と有料版のサービス設定

Spotifyには無料版の「Spotify Free」と有料版の「Spotify Premium」というプランがあります。

無料版では一部の機能に制限がついたり、広告が強制的に再生されたりしますが、そこまでのストレスにはならない仕様となっているのがSpotifyの魅力的なところです。

有料版は月額980円という価格設定になっており、他の音楽配信サービスと大きな差はありません。

Spotifyプラン設定

引用元:公式サイト

無料版の制限一覧

  1. シャッフル再生のみで任意で再生する曲が決められない
  2. 広告が再生される
  3. スキップは1時間に6回までしかできない
  4. オフラインでの再生ができない
  5. 一部の楽曲が再生できない
  6. 音質の選択ができない
  7. PC・タブレット端末では1ヶ月に15時間までしか再生できない

実際に無料版を利用してみると、どれもストレスになるようなものではないといった印象。それぞれの制限に対する印象は以下のような感じです。

  • 特定の楽曲のみをすぐに聴きたい場合以外は特に不便しない
  • 広告は数十秒程度でラジオ感覚なので気にならない
  • スキップの回数がなくなったらプレイリストを切り替えればいいので問題ない
  • オフラインではそもそも再生する機会がない
  • 再生できない楽曲はデフォルトで非表示になっているので気にならない
  • 音質は顕著に悪いわけでもなく気にならない
  • PC・タブレット端末で再生する機会がないので問題ない

プレイリストを何度でも切り替えられるので、スキップしたいけどスキップできないという場合はプレイリストごと変えてしまえば楽曲にストレスを感じることはほぼありません。

幅広い楽曲をジャンル別に聴くことができるSpotifyのサービスは無料版でも楽しむことができます。

とはいえ、有料版でも価格設定としては十分安いので、制限が気になる場合は有料版にアップグレードしましょう。

音楽配信アプリSpotifyの利用開始手順詳細

スマホで音楽配信アプリSpotifyのアプリをインストールする

Spotify -音楽ストリーミングサービス

Spotify -音楽ストリーミングサービス

Spotify Ltd.無料posted withアプリーチ

まずはスマホからアプリをインストールしましょう。

SpotifyはPCからでも利用が可能ですが、無料版だと制限があるのでスマホをメインに利用するのがオススメです。

以下、スマホからの会員登録手順について、解説していきます。

音楽配信アプリSpotifyの会員登録をする

アプリを起動したら「新規登録(無料)」から会員登録を進めましょう。

Spotify会員登録開始

新規アカウント作成画面が表示されるので、任意のメールアドレスを入力してください。

会員登録の必要事項入力後、ここで入力したメールアドレス宛てにアカウント確認用のURLが記載されたメールが届きます。

Spotifyメールアドレス入力

次にログイン時に使用する任意のパスワードを入力してください。

Spotifyパスワード作成

パスワードが決まったら、生年月日を入力しましょう。

これは登録後にAIが自動作成してくれるプレイリストに影響を与えるものになるので、正確に入力するのがオススメです。

次は性別を選択しましょう。

こちらも登録後にAIが自動作成してくれるプレイリストに影響を与えるものとなります。

最後にプロフィール名となる自分のニックネームを決めてください。

Spotifyでは各ユーザーが作成したプレイリストを共有することができますので、プロフィール名は自分でプレイリストを作成した場合に他ユーザーに表示される可能性があります。

他人に見られても問題ない名前にしましょう。

すべての入力が終わったら、利用規約とプライバシーポリシーを確認して「承諾する」をタップしてください。

これでSpotifyのアカウント作成は完了です。

音楽配信アプリSpotifyで好きなアーティストを選択する

SpotifyではAI(人工知能)が自分の好みにあったジャンルの音楽やプレイリストなどを表示してくれる機能があります。

その機能を利用するために、まずは自分の好きなアーティストを3グループ選択しましょう。

画面上部の虫眼鏡ボックスから好きなアーティストを検索することもできます。

すべて選択し終えると、あなたにあったプレイリストが自動的に作成されるので、ぜひ活用してみてください。

これで初期設定は完了です。

音楽配信アプリSpotifyの利用方法

Spotify上にある既存のプレイリストを再生する

Spotifyでは、AIが作成してくれた「Daily Mix」などのプレイリストや、他のユーザーが作成したプレイリストなども楽しむことができます。

また、楽曲再生中はジャケット画像をタップすることで、再生に合わせて歌詞を表示するという機能もあるので活用しましょう。

Spotify上に自分でプレイリストを作成する

Spotifyでは自分でプレイリストを作成することも可能です。

楽曲再生中に楽曲のハートマークをタップすることで、楽曲をMy Libraryに追加できます。

追加した楽曲はAIが選んだ楽曲を含めたプレイリストとして再生できるので、気に入った曲があればどんどんハートマークをタップしておくといいでしょう。

アーティスト・楽曲を検索して再生する

Spotifyではアーティスト検索だけではなく、プレイリストやジャンルの検索を行うことも可能です。

無料版ではシャッフル再生のみしかできませんが、「街を歩くリズム」などのプレイリストを検索することで、ウォーキング中のBGMとなるような楽曲を集めたプレイリストを再生することができます。

そのときの気分に合わせて、検索を活用しつつ、自分にあったプレイリストを探してみてください。

音楽配信アプリSpotifyで音楽を楽しもう

Spotifyがあれば、CDを購入したりレンタルしなくても、今は音楽配信サービスで好きな曲を楽しむことができます。

ぜひSpotifyでいつもとは少し違う様々な音楽を楽しんでみてください。

-ライフスタイル, 趣味・娯楽

Copyright© イキカタシフト , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.