OUTPUT STYLE SNS

ツイッターを楽しく運営するためのコツと気をつけていること個人的まとめ

最近ツイッターを使うことが多くなってきたので、ツイッターでツイートを投稿するときに気をつけていることをまとめてみようと思います

注意ポイント

あくまでも個人的なものであり、紹介するツイートのような内容をつぶやいている方を批判する内容ではありません

フォロワーを数として見ているような発言は控える

こういった企画をよく目にしますが、これは受け身でかつフォロワーを増やすためのツイートであって、自分から繋がりにいくためのツイートではありません

フォロワーをエサで釣るようなやりかたで増やしても、結局それは機械的な関係であり、良いつながりとはいえないかと思います

フォロワー欲しいからフォローしてー!!

みたいな発言は絶対にしません

SNSを楽しむためには数に固執しないで単純にアウトプットに専念するのがコツかなと思います

自分のブログ記事を読んでもらうために運営しない

これは実際に僕が最初にツイッターを始めた頃にやっていたことなんですが、ツイッターの目的はあくまで人とつながるということであり、ブログのPV数を増やすためではありません

そもそもニーズに応える形の検索流入ではないSNSでは、フォロワーが自分のアウトプットしている内容に興味があるとは限らないわけです

そこに自分の記事を読んでもらうための投稿をしても、基本的にはリンクはクリックされないのが自然です

ブログ記事をTwitterで共有するときはブログを読んでもらうことを目的とせず、「ブログを書いた」という努力の成果報告のようなスタンスで投稿するようにしています

上から目線の"教えてあげる"系発言をしない

個人的に上下関係っていうつながりは好きじゃありません

ツイッターでは横のつながりを重視するために「教えてあげる」という先生のようなスタンスは絶対に取らないつもりです

僕はあくまで共感してつながっていく友達のような関係を築いていきたい

なので、逆に「教えてもらう」という自分が生徒となるのような関係も構築する気はありません

中身のないポジティブ発言を多用しない

ネガティブ発言はあまりしないほうが良いという話はよく聞きますが、ポジティブ発言でも中身のないものは安易に投稿しないようにしています

不自然にポジティブな内容はどこか良い人ぶっているような印象を受けるためです

できる限り自然体で自分らしく無理しないでSNSを楽しみたい

ポジティブ発言は無理をしてするものでないかなと思います

合わないアカウントからの絡みは容赦なく無視する

求めていないコメントや悲しくなるような絡みを受けてしまう可能性があるというのがSNSの特徴です

楽しく優しいタイムラインにしたいと思っていても、どこかトゲのあるコメントが来てしまうということもしばしば

そういった場合は無理に対抗心を燃やして闘おうとせず、嫌なコメントはミュートするなどして無視するのが無難かと思います

自分がつながりたいと人とだけつながることができるというのもSNSの強みであるはずなので、気をつかわずにスルーしましょう

さいごに

ツイッターはがんばってやるものではないというのが個人的な見解です

あくまで共感しあってつながりを作っていく媒体だと思っています

無理に自分を作らず、素直なツイートをしていくのがSNSを楽しむコツかなと思います

ブログランキングに参加中!

あなたのワンクリックがブログ運営の励みになります
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

-OUTPUT STYLE, SNS

Copyright© イキカタシフト , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.